FC2ブログ

I love "YAMASUKA"!

I want to revive the railway Iwas longing.
That feeling is all of my hobby.
I'm happy you have me enjoy my blog!

30

ねぇ、ムーミン! こっち向いてっ♬ ④

20191226124042b45.jpeg

みなさん、こんにちは。
無事年会を終えて帰ってまいりました。
ムーミンは現地での多少の作業を行った上で、無事に作業を完了しました。
恐らく完結編はクモニ共々、年明けになると思われます。
お楽しみにして頂ければ幸いでございます。
また、年末には振り返りの記事を更新する予定でございます。
そちらにてチラ見せを予定しておりますので、年内もう暫くお付き合いくださいませ。
-
◆窓ガラスの設置
20191226124821ec1.jpeg

早速でございますが、ご覧いただいております写真は、加工前のお顔周りでございます。
ボディは前回でほぼ完成しましたので、窓をはめていきますよっと。

先ず製品をみて全体的に思うことは、窓ガラスが奥まり過ぎているということです。
最初の方の記事にて、前面(1エンド)窓ガラスが奥まっていると書きましたが、よく見ると側面、2エンド全てが奥まったいるではありませんか。
原因は単純で、窓部分の凸が薄盛りであると言うことです。
これではカッコ悪いですから、直していきます。

201912300820151bf.jpeg

直していくといっても、ただただ窓を一つ一つ切り出して直接窓にはめて固定するという作業をするのみです。
文字に起こすのは簡単ですが、これがまたメンドクサイのですが(笑)

更に前面はツライチまで前出ししたら、大きさが合わないではありませんか。
20191230190940e78.jpeg

致し方ないので、エンドウのキャブロイドガラスを切り出しました。

苦労しただけあり、かなりイメージが改善されました。


◆屋根廻りと足回り
20191230082147d56.jpeg

仕上げに入ります。
屋根はパンタを乗せるだけですね。
パンタは台枠周りを黒、下枠組み以上をシルバーにしました。
なかなか良い感じです。
前回未装備だったヘッドライトと共にキマっておりまする。

20191230082125bc9.jpeg

足回りはバンダイ動力を使用しました。
話が逸れますが、バンダイ製動力は今ではすっかりプレミア品と化しているようですね。
私も少ししか貯蓄がありません。
KATOからはチビ凸がコアレスモーターでリニューアル再販されました。
前回よりも安定的な走りを披露しているようですね。
安定性も考えて機関車は基本的にバンダイ4軸にしておりますが、もし貯蓄が消えたら昔みたいにチビ凸にするときがくるかもしれません。
果たしてモーターを使い切るのが先か、私の寿命が尽きるのが先なのか…???


〜閑話休題〜

さて、今回もまたアルナインの金属レリーフを使いました。
旧型電機はこれが一番似合うと思っております。

2019123008262279c.jpeg

1エンド側からみて第1軸の車輪とムーミンの鼻の下のカバーが、レリーフ付きでは支障してしまうので、レリーフはレリーフ差し込み口付近で切断しております。

車輪は銀色では目立ってしまうので、ここだけとりあえず黒塗りにしてみました。
先台車のように見えますね。
マヌケにもここまできて気がつきましたので、頭を抱えておりましたが、これは吉と出たようです。


動力との固定は元のツメを利用しています。

20191230082632b1d.jpeg

2エンド側はもう少しカッコよくしたかったですが、年会前夜におチビさんが珍しく夜泣きをしたため作業の進みが芳しくなかった為にそのままです。

まぁ連結してしまえば分かりません(おい


と言うわけで、全体的にこのようなカタチになりました。

いよいよですね。

それでは皆さま、ご機嫌よろしく、さようなら。
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment