FC2ブログ

I love "YAMASUKA"!

I want to revive the railway Iwas longing.
That feeling is all of my hobby.
I'm happy you have me enjoy my blog!

14

青色のゴハチに憧れて⑥

20190712105304b98.jpeg

みなさんこんにちは。
最近は雨続きですね。
雨が続くと、少しばかり気は沈むものです。。

そんなわけなので気が沈まないように嬉しかった話を少しだけ(笑)
-
先日、毎年恒例のJNMAに行って参りました。
今年は涼しくて助かりました…笑

今回も例年に続き、トレジャータウンから機関車パーツが発売となり、EF64 1000用のものが新たに登場となりましたね。
ロクヨンセンも欲しい!今年はロクヨンセンが良い! と思っていたので当然確保しました。
先日のロクヨンゼロが非常に良好な仕上がりとなりましたので、早くロクヨンセンも作ってみたいな、と今からワクワクしています。
2019071211110947d.jpeg

ちょっと昔の写真を出してみました。
ロクヨンセンはいつでも撮れるような気がしていましたが、最近はそんな存在ではないんですよね。
何だか未だに慣れません。

ロクヨンセンは特に正面下半分のガチャガチャ感がカッコ良いですから、そんなガチャガチャを出せる作品を仕上げたいと思っています。

ロクヨンといえば…ロクヨンゼロの記事ですが、未だに尻切れとんぼ状態ですね(滝汗

先日リカラーにて、ブログ投稿用の写真を撮影してきましたので、間も無く投稿予定です。
今しばらくお待ちください…

少しばかり冒頭が長くなってしまいました。

-

◆仕上げ作業
20190714114408872.jpeg

さて、最後の仕上げに入ります。
・エンドプレート取り付け→インレタ転写→クリアー塗装→窓はめ→ワイパー取り付け
・床下、屋根パーツ塗装、取り付け

の順で作業をしました。

20190714120308cf1.jpeg

エンドプレートは取り付けを完全に忘れていました(笑)
クリアー塗装前に気がついてよかった…


2019071411595062e.jpeg

車番はトレジャータウンの金属インレタを使いました。
メタリックが実感的で最高です。

表記類はBONA FIDEのものを使用しました。
今回はBONA様様と言ったところです。


20190714115121e29.jpeg

クリアーを吹いて窓をハメてみました。
窓の透明度が高くハマっていないように見えますが、ハマっています(笑)

2019071411580759a.jpeg

一部の窓は半開口状態にしています。
冷房のない機関車は締切ると暑いですからね。
機関士さんと助手さんが苦しまないように。

残念なのはクリアーが梨地になってしまったこと…
初めてウレタンクリアー を使ってみましたが、難しいですね。
研磨して多少マシになりました…


20190714182605228.jpeg


2019071418264274f.jpeg

床下機器ではEG用ジャンパ栓をまだ取り付けていませんでしたので、塗装し接着しました。
ねずみ1号で塗装しましたので、そこそこ目立ちますね。

2枚目のジャンパ栓の方は本来はホースが繋がっていて、やや前方方向に垂れる形で助手席側の握り棒あたりに入っていくのですが、イマイチどの辺りに入っていくのか詳細がわかりませんので今は未施工です。
同じように、テコの下あたりに供奉車との電話線引き通しの蓋もあるのですが、蓋の裏の線自体がどのようになっているのかわかりませんので、こちらも未施工にしています。
この二点については次回文化村に行った時に調査し、調査後に施工したいと思います。

20190714183543a11.jpeg

パンタグラフは線が太いのであまり気が進みませんでしたが、今回はとりあえず製品のものを再塗装し取り付けました。
銀色なので、そのままよりかは太く見えないという事もあり、マシに見えるような気がします(笑)
いつかは高価なパンタに変えてあげたいですね。

-

そんなわけで一通りの仕上げが終わりましたね。
ブログも書いたところで、この後組み立てでもしましょうか。

2019071418385803d.jpeg


お気づきかと思いますが、先日仮組みをして走らせてきました。
この時はまだ窓をハマる前だったので(機関士さんの横だけは取り付けていましたが笑)、まだ完成体自体は私も見ていません。
窓がないとやはりみっともないですから、あまり写真はお見せできませんが(笑)
しかしながら走っている姿をみると、ここまで来たのかと、残りの作業への作業欲が更に湧くものですね。

あと一息!頑張りまする。

それでは。

スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment