FC2ブログ

I love "YAMASUKA"!

I want to revive the railway Iwas longing.
That feeling is all of my hobby.
I'm happy you have me enjoy my blog!

06

第1回 不定期連載 〜青とクリームと私〜


CSC_2839_convert_20190306223204.jpg

こんにちは。
製作記として日々作業をあげようと思うものの、時には記事にならない程しか作業が進まない日もあります。

区切りがつくまで記事を書かないと言うのもアリですが、今年は更新ペースアップを目指していますので不定期更新として過去に撮影していた頃の写真をあげて、思い出話をしてみようと思います。

独り言程度のものなのであまり期待しないでください(笑)


-

大事な第1回ということで何にしようかと写真を選んだわけですが、今回はこの写真にしてみました。
リニューアル後のブログのスライドショーにも登場する、所謂「闇鉄」というものです。

夜間撮影はこの頃友人とハマって、よく撮りに行きました。

この頃はまだ撮りに行くことが楽しかったことを懐かしく感じます。


さて、先日のブログリニューアルに伴い、随分と山スカ要素が高くなりました。

先よりモデルでも出したいと思っているのですが、なかなか製作予定カレンダーのメンバー入りをしないのは、「近すぎる存在」だからでしょうか。

この「近すぎる存在」というのは非常に厄介なもので、撮影に勤しんでいた時もこれに苦しめられました。

日常にありふれ過ぎていた115系は、昼間の写真はよく撮りに出掛けたものの、夜間の撮影については全く手つかずでした。

残暑も終わり、秋らしくなってきた頃、豊田区115系の引退の噂を友人から耳にし、私は焦って撮影に出掛けるようになりました。


中央東線立川駅を発車し日野へ向かっていくと、しばらく切り通しが続きます。

その切り通しを抜けた直後、多摩川の手前に一つ渡る鉄橋が、この写真の撮影場である残堀川の鉄橋です。

ここには線路すぐ脇に階段があり、その階段を照らす外灯がポツンと一つあります。

この「外灯が115系の連結面を照らす一瞬」、というのが狙いでした。

しかし先の通り、切り通しから出てきた直後がシャッターを切るポイントであり、この外灯に照らされる場所というのは、飛び出てきた一瞬です。

連写してもポイントを外してしまいますから、一発勝負。

なかなか切り通しから飛び出てくるタイミングが掴めずに、何度も失敗しました。

ピントを外すか、流しが決まらないか、将又タイミングがズレて連結面がスポットライトに当たらないか。


一週間ほど通った頃でしょうか。

いつも通りカメラを横振りし、尾灯を見送った後カメラのモニターを見ると…

そこに写っていたのは、大好きな色の、大好きな塗り分けの、大好きなお顔が、互いの乗務員室灯で照らされ、スポットライトの下に輝く、私が見たかった光景でした。


この時の喜びを、私は一生忘れないでしょう。



第1回 不定期連載 〜青とクリームと私〜
「私が見たかった一瞬」




スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment