FC2ブログ

I love "YAMASUKA"!

I want to revive the railway Iwas longing.
That feeling is all of my hobby.
I'm happy you have me enjoy my blog!

11

伝統を受け継ぐ21世紀の名鉄特急!2200系②

DSC_2057_convert_20140811114952.jpg

こんにちは。

最後の更新から1か月以上経ってしまいました。汗

また再開しようと思います。



さて、まだ完結していない2200系ですが、

最後にモ2200に一つ手を加えようと思います。



■スカート

それはスカートです。

なぜかこのキットに入っているモ2200のスカートは、

モ2300と同じような電連装備用のスカートとなっていて、

実車とは形が異なります。

2000系の金型を流用している関係ですかね。

気づいたら直さないわけにはいきません。笑

直してしまいましょう。

DSC_2034_convert_20140811111758.jpg

DSC_2035_convert_20140811111845.jpg

直し方は写真の通りですが、いまいちわかりづらいですね←

まずプラ板(厚さ0.3を2枚重ねたもの)でスカートの間をふさぎます。

DSC_2039_convert_20140811115311.jpg

使用したプラ板のサイズは記載のとおりです。

メモ程度の雑さですいません←


このとき底辺の高さは揃えておきますが、

スカートの前部には合わせず、

少し奥ばらせて接着します。

2000系や2200系のスカートはしゃくれたような形となっていますが、

そのしゃくれ部分をプラ板で作ることはできません。

いや、できるのかもしれないけど、

僕の技術では不可能ですので、あとで粘土状パテで再現します。


プラ板が完全に固定されたら、

スカート前部に合うくらいまで粘土状パテを盛ります。

粘土状パテはタミヤのエポキシ・パテを使用しました。


パテが完全に固まったら整形します。

しっかりと形を整えてしゃくれを再現すれば完成です。


文章ではごちゃごちゃしてわかりづらいですが、

案外簡単にできました。


■屋根

DSC_2048_convert_20140811115355.jpg

前回紹介できなかったので、今回の記事で紹介します。

DSC_2051_convert_20140811115157.jpg

避雷器とクーラーの前後にある四角いもの(なんだろうこれ...)を

Mr.カラー35番/明灰白色(三菱系)で塗装しました。

また、パンタ付近の配管は黒で塗装。


パンタはKATO・AssyのWPS28(モハネ285-201用と同型)を使用しました。

DSC_2059_convert_20140811114918.jpg

実際に比べたわけではありませんが、

ネットでの評判を見ると、GMのシングルアームよりも見た目が良いようです。

台座のみ屋根の塗り分けのときにも使用した

Mr.カラー35番/明灰白色、

他はGMのステンレスシルバーで塗装しました。


そのまま取り付けることはできないし、

穴を開けるのも難しそうだったので、

ガイシの下の、穴に差し込む部分を切ってしまい、

接着剤で固定しました←←

とりあえず固定できたのでめでたしめでたしってことで。笑


それからアンテナも交換。

DSC_2054_convert_20140811115021.jpg

こちらはTOMIXのJA02/アンテナ(私鉄用)を使用。

ピンバイスで開口して差し込み、

裏から接着剤で固定しました。




ってなわけでこんな感じです。

残りはスカートを塗装したら完成です。

最後までしっかり仕上げて、

運転会で活躍してもらいたいです。


スポンサーサイト

0Comments

Leave a comment