FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2018年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の夢は荷客と共に…! 急行荷物列車を再現する③

DSCF5722_convert_20180703111444.jpg
こんにちは。
これまた前回の続きです。
今回で工作は終了、次記事で各車の詳細を見て完結とするつもりですのであと少しですね。
このシリーズが完結しましたらメンバーからのリクエストがあった過去作の紹介をしていこうと考えています。


◆Bトレ構体で作る荷客 〜その1 マニ36・37編〜
本来であれば3両はあるはずでしたが、例によって2両のみの組み込みです。
3両の内訳としては
・マニ36 ???茶
・マニ36 59青
・マニ37 2155
でした。
今回は形態が少し複雑な茶マニを外して、青マニ2両を組み込みます。
DSCF5702_convert_20180703111133.jpg
まずは側面の加工です。
写真が塗装後のもので申し訳ありません。
写真を撮るのを完全に忘れていました(滝汗
今回は実車とBトレの金型が一致しており、車両の扉については交換が必要ありませんでした。
時間もなかったのでラッキーです (笑)
DSCF5704_convert_20180703111153.jpg
裏返すとこのような写真のようになりますが、わかりづらい写りになってしまいました(汗)
上がマニ36 59で、下がマニ37 2155です。
後位側(写真では正面左側)にある小窓がマニ36 59にはなく、代わりに正方形の窓がある形態でしたので、今回は小窓を埋める加工をしました。
よく見ると小窓が埋まっているお分かりいただけると思います(笑)
全体的なバランスを取るために、窓の移設や増設はしませんでした。

更に妻面と屋根を加工していきます。
DSCF5706_convert_20180703111241.jpg
妻面では尾灯の交換、手摺や銘板類の設置を行なっています。
塗装してみると良い感じに目立ちますね。

DSCF5728_convert_20180706113319.jpg

屋根には車端にあるステップの交換を実施しました。
これだけでも随分スマートになるものです。
パーツは銀河モデルのものを使用しました。


◆Bトレ構体で作る荷客 〜その2 マニ50編〜
マニ50は金型も優秀ですし、何よりそもそもイジる点が少ないので、手摺類の植替えと銘板貼りで終了です(笑)
青の色味合わせのため再塗装は実施しますが、これだけの薄内容ですね。

写真を撮り忘れてしまいましたので、こちらでご勘弁ください(汗)
DSCF5701_convert_20180703111109.jpg
今回、青15号はFARBEのものがイメージと合致しましたので、調色はせずにそのまま使用しています。
DSCF5708_convert_20180703111301.jpg

インレタ転写中や組み立て中の写真は撮るどころではなく時間に追われてしまったので省略します(滝汗)
次回はいきなり完成していますがご勘弁願います。
そんなわけで慣れない制作記は終了です(笑)
次記事ではいつもどおり完成した作品を見ていきます。

それでは。





スポンサーサイト

少年の夢は荷客と共に…! 急行荷物列車を再現する②

DSCF5714_convert_20180703111506.jpg

みなさま、こんにちは。

前回からの続きでございまする。
先日①を書いたあと、次の記事はマニ44だなぁと考えて作りはじめたものの予想以上に時間が掛かってしまい、締め切りまで余裕が無くなってしまったために②を書かずにいました。
先日無事締め切りの運転会を終えてきたので、制作途中に撮った写真と共に制作記を進めていきたいと思います。
なお今回は確実に締め切りに間に合わなそうだったので(滝汗)、マニ36 1両と郵便車2両を減車して一旦完成を目指すことにしました。

それでは行きましょう!


◆Nゲージ構体から作る荷客 〜その1 マニ44 編〜
今回の編成には2両のマニ44が入ります。 先人たちは板キットから制作されていたりしますが、既に絶版となっているため一体ボディキットから作りました。 (一体ボディキットも市場在庫怪しめ??)
今回屋根は2ピース、側面は5ピースの凸切り継ぎをしていきます。
DSCF5696_convert_20180703110643.jpg
写真が全体的に青白っぽくなってしまいました(汗)

しかしながら屋根は3ピースに(滝汗)
写真のように屋根付近にある雨樋のような部分に沿わせて屋根と側面の間を切ったのですか、悲しくも雨樋を一部破綻させてしまったためピースを増やすことになってしまいました。
お陰様で屋根のビートの間の切り継ぎラインの削りには苦労しましたが無事形になりました。
DSCF5698_convert_20180703110823.jpg


◆Nゲージ構体から作る荷客 〜その2 オユ11編〜
今回郵便車は減車をすることにしましたが、やはり0は寂しいので一番オーソドックスなオユ10とほぼほぼ形態の近いオユ11を作ることにしました。
タネもKATOのオユ10です。 タネの側面採光窓の形状から新製冷房車である100番代を作ります。
DSCF5699_convert_20180703110921.jpg

切り継ぎ箇所は特徴を残すため6 ピースになりました。
なおマニ44とオユ11は先人ターマック様の作品を参考にしています。
ピースの多い切り継ぎは実は初めてだったので苦労しましたが何とか無事に形になりました。

次は両車に手摺と銘板の取り付け、さらにオユ11はサボ受けのモールドを削ってしまったためにエッチングパーツで復元します。
辟。鬘契convert_20180703112100

サーフェイサーを吹くとどちらも一先ず良い感じに。
少し納得のいかない点もありますが、ギリギリ許容範囲ですかね。
この次はマニ36・37、マニ50を作って塗装に入ります。

ネタもありますしこれからしばらくはマメにブログを更新していこうと思います。笑
それではまた。


プロフィール

ほつ太朗[家]

Author:ほつ太朗[家]
中央東線、ロクヨン、ゴハチ、名鉄、近鉄を中心に制作。
Bトレでどこまで実車に迫れるか格闘中(たぶん)
細かい作業は苦手です。
ゆるくやっていきますよ。

Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。