091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

category :JR・客車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高崎に残る波動輸送の切り札! 12系後期車

DSC_0378_convert_20140404111533.jpg
こんにちは。

やはり学校が始まるとどうしても毎日は厳しいですね。

なるべく週一では更新できるように頑張りたいと思います。


さて今回紹介するのは高崎車両センターに所属する12系客車。

窓が小型化された後期車仕様として発売されて、

やっと去年の終わり頃に全車の整備が完了しました。

本当はオヤ12-1が完成したら紹介しようかとも思ったのですがまぁいいや←


自分もSL列車や、イベント等でお世話になっている客車です。

友人と乗ったり、父親と乗ったり、時には一人でのったり。。。

今まで何度か乗ってきたなかでの記憶で、汚しなどをしてみました。


編成は

スハフ12 161
オハ12 369
オハ12 368
オハ12 367
オハ12 366
スハフ12 162

です。
DSC_0394_convert_20140404111603.jpg

台車はKATOの通勤1を使用しています。

屋根は全車ねずみ1号で塗装しました。

もともとの製品の仕様として、高崎車が再現されているので、

今回はそこまで大きく手を入れていません。


ではいつも通り2両ずつの紹介です。


■スハフ12 161・オハ12 369
DSC_0429_convert_20140404111629.jpg

側面から見て大きく目立つものはJRマークでしょうか。
CSC_0493_convert_20140404111223.jpg
やはり大きなアクセントとなると同時に、JR時代の証ともなります。

どちらの車両とも汚れ度合いは中、ですかね。

洗面所窓はどちらも白です。

〈加工内容〉
◇スハフ12 161
・エアーホース取り付け(KATO/あけぼの用)
・無線アンテナ取り付け
・ホロ取り付け
・JRマーク転写

〈塗装〉
・屋根→GM9/ねずみ1号


■オハ12 368・オハ12 367
DSC_0430_convert_20140404111655.jpg

中間車2両。

この2両で大きく異なるのは汚れ度合い。

368は強、367は弱です。

車両ごとに汚れ具合が違うのは、JRの現代でもありえることのようです。

洗面所窓はどちらも無塗装です。

〈塗装〉
・屋根→GM9/ねずみ1号


■オハ12 366・スハフ12 162
DSC_0431_convert_20140404111721.jpg
特に仕様は変わりませんね←

汚れ度合いは366が中、162は強です。

緩急車同士並べると、161の中と、162の強でこれだけ違います。
CSC_0495_convert_20140404111407.jpg
写真左が162、右が161です。

緩急車の汚しは煙突を中心に、

SLのすす汚れなども再現しているつもりです。

下手ですね←

この写真だと、エアーホースや無線アンテナなどもわかりやすいですね。


〈加工内容〉
◇スハフ12 162
・エアーホース取り付け(KATO/あけぼの用)
・無線アンテナ取り付け
・ホロ取り付け
・JRマーク転写

〈塗装〉
・屋根→GM9/ねずみ1号



もとが良いものに更にグレードアップさせると、

良い作品が完成するもので、なかなか満足しています。

釜に牽かれて、どうしてもサブ的なネタになりがちな12系ですが、

実は長寿車両なんですよね。

実車も模型も長く活躍してほしいものです。。。

CSC_0501_convert_20140404111428.jpg


ではー。

スポンサーサイト

プロフィール

ほつ太朗[家]

Author:ほつ太朗[家]
中央東線、ロクヨン、ゴハチ、名鉄、近鉄を中心に制作。
Bトレでどこまで実車に迫れるか格闘中(たぶん)
細かい作業は苦手です。
ゆるくやっていきますよ。

Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。