091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

category :国鉄・特急型

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンネット最後の定期運用!489系 急行「能登」

DSC_0372_convert_20140402171717.jpg

こんにちは。

今日は昨日の「北陸」の記事でちょこっとだけ出てきたEF64 1031の紹介をしようかと思ったのですが、

重大なミスを発見したので、中止しました。泣

訂正しなくては。。。

そういうわけで上野-金沢のもう一つの列車、

同時期に定期運用を終了し、その後も約1年間臨時列車として運転された

急行「能登」を紹介します。


そもそも何故この「能登」をつくろうと思ったのか。

簡潔にまとめると、

見に行けなかったからです。笑

僕が中坊の時に廃止が発表され、

父親と見に行く予定だったのですが、

成績が悪かったので見に行かせてもらえず。。。

テレビ越しに「能登」「北陸」の最終を見送る羽目になってしまいました。

その時はリバイバルやったら見に行くぞ、とか思っていたのですが、

14系も489系も定期運用を失い、動きを見せなくなりました。

そして現在は14系も489系も廃車。

見る事は叶いませんでした。
CSC_0487_convert_20140402171622.jpg

そんなこんなで去年の夏。

とある中古本の店でRM MODELSの「能登」「北陸」の特集を見かけました。

立ち読みしている間にムクムクとやる気様が絶好調に。

本を買って帰ってきて読んでいると、

「能登」の編成はどの編成も全車が初期車ではない事が発覚。←いまさら

BR7の国鉄色は4両持っていたので、485系のモハユニットセットとサロを買い足せば、

H02か、H03作れるじゃん!

そこで上野発の最終編成H03を作ることに決めました。笑

まぁ「北陸」の制作意欲が湧いたのもほとんど同じ理由です。笑


長い前置き終了。

さて、本題に入りましょう。


まずは金沢のH03編成を見てみましょう。

長岡方

クハ489-5
モハ489-13
モハ488-13
モハ489-20〈ラウンジカー〉
モハ489-205
サロ489-25〈グリーン車〉
モハ489-30
モハ489-215
クハ489-505

上野・金沢方

DSC_0392_convert_20140402171822.jpg

クハと長岡方のユニット(モハ489-13/モハ488-13)が初期車、他は全て後期車となっています。

Bトレでは屋根が違っているだけですがね。笑


H03と言えば思い浮かぶのは、やはり05、06年に運転された「白山」のリバイバルでしょうか。

イラストマークを掲げて走る姿は本当にかっこよかったんだろうと思います。


全車が金沢国鉄色仕様(雨樋の赤無し、黄色っぽいクリーム)です。

再現するにあたり、サロとモハセットの雨樋をクリーム色で塗り直しました。

GMのクリーム5号では色が合わないので、黄色を混ぜて色を作り、

エアブラシがないので、筆塗りしました。笑

それからモハ489-20(ラウンジカー)以外は全て洗面所窓が埋められているので、

それを再現。

また、BR7の赤がピンクっぽかったんので、

サロやモハセットと差がでてしまうことも考え、

赤は前面パーツのヒゲ部分以外はGM1/赤2号で統一しました。

ドアレールに色刺しもしてあります。

非常口ですが、本当は再現しようかとも思ったのですが、

クリームの色がうまく合わないと嫌なので、今回は見逃しました。


また屋根上の塗装には特に力を入れてあります。

モハ488の塗装は大変でした。笑
CSC_0468_convert_20140402171518.jpg

台車ですが、今回はKATOの急行型を使用しました。


各種ステッカーは銀河のTOMIX「能登」向けのものを使用しています。


最後の仕上げのクリア塗装は鋼製車らしい美しい光沢感が欲しいので、

光沢を選びました。

ボンネット部の曲線では特に栄えますね。


では各車の紹介です。

■クハ489-5・クハ489-505
DSC_0421_convert_20140402171850.jpg
ボンネットの初期車が特徴的です。

上野・金沢方の505は横軽でEF63と連結する側になるので自連が露出しています。

〈加工内容〉
・洗面所埋め
・解放テコをKATOのAssyパーツに交換(505)
・連結器をカトーカプラーに交換(505)
・ドアレールに色刺し

〈塗装〉
◇屋根
・ヘッドライト、クーラー、ベンチレーター→Mr.カラースプレー35/明灰白色
◇側面
・赤→GM1/赤2号

特徴的で可愛らしいボンネットの上には、

今までの努力の証(?)としてしっかりウェザリングをきかせました。

CSC_0474_convert_20140402171543.jpg

たくましくも見えます。笑


■モハ489-13・モハ488-13
DSC_0428_convert_20140402172007.jpg
編成中唯一の初期車モハユニット。

屋根上の塗装に力を入れました。

〈加工内容〉
◇屋根
・パンタグラフをTOMIXのps16(交直)に交換
◇側面
・洗面所窓埋め
・ドアレールに色刺し

〈塗装〉
◇屋根
・クーラー、ベンチレーター→Mr.カラースプレー35/明灰白色
◇側面
・赤→GM1/赤2号

Bトレの四つ足のパンタの穴はTOMIX製品に合わせてあるみたいで、

すっぽりはまってくれました。


■モハ489-20・モハ488-205
DSC_0427_convert_20140402171943.jpg
このユニットにはラウンジカーが入ります。

ラウンジカーの窓ですが、一度パテで全埋めしたあとに開け直しています。

またどちら側もサッシは銀色になっています。

CSC_0463_convert_20140402171500.jpg
こっちサイドの塗装が荒いのはスプレーがなくなったので、筆塗りをしたからです。笑

まぁまぁうまくできたほうかな。。。笑

〈加工内容〉
◇屋根
・パンタグラフをTOMIXのps16(交直)に交換
◇側面
・雨樋にクリーム色塗装
・洗面所窓埋め
・ドアレールに色刺し
・ラウンジカー制作

〈塗装〉
◇屋根
・クーラー、ベンチレーター→Mr.カラースプレー35/明灰白色
◇側面
・赤→GM1/赤2号


■サロ489-25
CSC_0426_convert_20140402171342.jpg
サロ・サシセットのサロを使用しました。

KATO動力を入れてあります。

実車では付随車ですが、このH03はサロがないと動きません。笑

〈加工内容〉
◇側面
・雨樋にクリーム色塗装
・洗面所窓埋め
・ドアレールに色刺し

〈塗装〉
◇屋根
・クーラー、ベンチレーター→Mr.カラースプレー35/明灰白色
◇側面
・赤→GM1/赤2号


■モハ489-30・モハ489-215
DSC_0424_convert_20140402171916.jpg
普通の後期車ユニットですが、編成中唯一の「普通の」後期車ユニットです。笑

やはりこいつも雨樋を金沢仕様に合わせて、クリーム色で塗ってあります。

〈加工内容〉
◇屋根
・パンタグラフをTOMIXのps16(交直)に交換
◇側面
・雨樋にクリーム色塗装
・洗面所窓埋め
・ドアレールに色刺し

〈塗装〉
◇屋根
・クーラー、ベンチレーター→Mr.カラースプレー35/明灰白色
◇側面
・赤→GM1/赤2号


各車の紹介は以上です。


美しいボンネット特急が最後は夜行急行列車として活躍。

それでも最後まで長距離輸送に生涯を捧げた489系金沢車。

特徴的な各車を自分のできる限りで再現できたと思います。

CSC_0491_convert_20140402171643.jpg


今ではこの金沢車が走ることはありませんが、

今後しっかりと保存されるということなので、

いつか自分の目で見てみたいものです。


はやく「北陸」と並べたいものです!
CSC_0375_convert_20140402171323.jpg

ではでは。

スポンサーサイト

プロフィール

ほつ太朗[家]

Author:ほつ太朗[家]
中央東線、ロクヨン、ゴハチ、名鉄、近鉄を中心に制作。
Bトレでどこまで実車に迫れるか格闘中(たぶん)
細かい作業は苦手です。
ゆるくやっていきますよ。

Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。