0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

category :国鉄・客車列車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の夢は荷客と共に…! 急行荷物列車を再現する①


DSCF5691_convert_20180519112310.jpg
みなさまこんにちは。
今年も瞬く間に春が過ぎ、早くも初夏のような日々が続いていますね。
暑くなったり、涼しくなったり、体調管理には気を付けたいものです。
みなさまもどうかご自愛ください。

さて、年明け完成の1700系1800系以来の記事となってしまいました。滝汗
例年通り、今年も冬のネタ制作終了後は春の運転会までダラダラと過ごしてしまい、春ネタが上がらない!とメンバー共通の冷め時期を迎え(笑)、結局今年もネタを上げられませんでした。
しかしながらTwitterでは報告させて頂いた通り、小ネタとしてEF58 61を完成させることができました。
念願の新機構を取り入れたゴハチはより美しく、より力強くをモットーに企画、制作、無事完成させることができました。
昨年に比べれば大きな成長かもしれません(笑)
来年こそはネタを仕上げたいなぁ。。。と思います。
EF58 61の記事はまた後日公開させていただこうと考えています。


◆新機構ゴハチが起爆剤に…? お供がほしくなるのは必然というものです
DSCF5672_convert_20180519113807.jpg
無事美しくなったBトレ新機構ゴハチを見ているとやはり欲しくなるのはお供ですよね。
釜を作ればあまりにも必然すぎることです(笑)
12系?ジョイフルトレイン? いろいろな妄想が膨らみますが、ここで更に私のお供制作欲に勢いをつけたのは先月イカロスより刊行された電気機関車EX Vol.7の荷物客車の記事でした。
末期のゴハチを…いえ、ゴハチの生涯を語るうえで欠かせない存在の荷物客車を作ってみようではありませんか…!
しかし期間がありません。
まぁ勝手に設けているものなのですが、次回の完成目途は来月です。
今回は余裕をコくことなく自分を追い詰めるため(やばい)、久方ぶりの製作記を書くことにしてみます。
(心の声)続けばいいなぁ


◆少年が夢見た急行荷物列車
DSCF5693_convert_20180519112800.jpg

荷物客車といえば思い出すのがBトレ国鉄荷物客車セットですよね。
マニ36・37やマニ50、ワキ8000をセットにした伝説的な(大袈裟)素晴らしい商品です。
当時中学生だった私もわからないながらにも欲しいと思ったものです。
そしてこの製品が出たことによる諸先輩方の記事! まさに自分なりの荷客編成を組みたくなるような楽しい記事でした。
自分もいつか…なんて夢を見て模型店で荷客セットとエコノミーキットを交互に見たのも思い出です(笑)
今回はそんな少年の夢を叶える記事です。


◆まずは編成を決めよう
DSCF5695_convert_20180519114307.jpg

荷物客車にも様々な列車があり、その分だけ編成もあります。
また時代によりマニ36が多かったり、はたまたパレット車が多かったり…
何かモデルを決めて制作したほうが良さそうです。
そこで今回は今まで「この時」のために買いためてきた資料たちをひっくり返してみました。
悩むこと数日(時間かけすぎ)、無事に以下の編成にきまりました。

急荷32レ (東小倉→呉線経由→汐留)
EF58 [浜] (今回は間に合わないため制作せずの予定)
マニ44
マニ44
マニ36
マニ36
マニ50
ワキ8000
ワキ8000
オユ14
スユ15
オユ11
マニ37

とある日の編成記録を基にしましたが、いくらか別日の編成記録のものと差し替えました。
理由は例えばスニ40やスユ44はシークレットで登場しているため今から手に入れるのは困難だとか、郵便車はもっとバリエーションを展開したいなど、完全に個人的な理由なのですが(笑)、今回は少し力を抜いて編成を組みたいと思います。
なお車番につきましては大方決定しているものの、変更する場合もありますので今は非公開にしました。
牽引機は浜松機関区のゴハチです。
しかし浜松機関区といえばHゴム機ばかりですので、私自身の好みとしては避けたかったところでした。
別の機関区が担当する列車にしようかとも思いましたが、調べてみると実は最高の釜がいたではありませんか。
美しいゴハチと、まるで模型のようなバリエーション豊かな編成、この編成に決定です。


◆まずは手慣らしにワキ8000
DSCF5692_convert_20180519112340.jpg

まずは手慣らしに一番簡単そうなワキを作りました。
はい。完成です。ほぼほぼ素組みで十分でしt…

とはならないんですよね…!!(涙)

あまりまじまじと見たことがなかったワキでしたが、数枚の写真をみていると違いだらけなことに気が付きます。
調べてみると実に闇深い…

そもそもワキ8000には二つの系統があります。
1つ目は生まれながらのワキ8000、つまり新製車ですね。
そしてもう1つはワキ10000からの編入車です。
新製とか編入とかそんなことばかり言っているブログです。
そしてこの2種には生まれが違うが故の差異があります。
今回の編成をみてみると偶然にも新製、編入の2種が1両ずつ組み込まれています。
そうなればその差異を再現しないわけにはいきませんよね。

まぁ手摺やフックの位置を変えれば大丈夫でしょ。まずは製品の側面を取り出して…
DSCF5688_convert_20180519112141.jpg

「」(側面を投げる)
そもそもワキ8000ではない何かのようですね(棒)
まるでスニ40との折衷デザインのようです。

というわけでいつもの「ゼロ」に戻す加工からスタートです。
中央扉のやや上にある謎のプレートをナイフでそぎ落とし、中央につく所属表記をしていたプレートと、その下にある細長いプレートをプラペーパーにて取り付け。
そして手摺類の取り付けです。
側面は管理上の問題からやるべきか悩みましたが、2種で違う上に、どちらも取った中途半端な位置に手摺があったため全て交換しています。
DSCF5687_convert_20180519112105.jpg

さらに妻板はなんとなにもありません。滝汗
申し訳程度の手摺モールドもありますが、この手摺は2種で位置が違いますし、なにより正面右側は雨樋を挟んで2本あります。
裾部の延長を行ったうえで、実車と位置を確認しつつ手摺、銘板受け、銘板プレート、雨樋、解放テコ、側ブレーキサイン(雨樋裾部の小さいプレート。正式名称不明)を追加しています。
ワキ8000は一つ一つのパーツが細かい上に密集しているため加工が大変でした。
DSCF5685_convert_20180519111957.jpg


しかしながら妥協せずやってみたとこと、逆に良い編成のアクセントになりそうな予感です。
予想以上に時間を要してしまいましたが、塗装が楽しみですね。


制作記はこんなもので良いのでしょうか? こんな感じで続けていこうと思います(笑)
次回は何にしようかな。



さて最後にお知らせがございます。
私の所属するサークルGRAND CHARIOTの公式HPのURLが変更になっております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
新URL→http://grandchariot.info/


それではまた。








スポンサーサイト

伝統の出世列車! 急行「津軽」

CSC_0567_convert_20140402151050.jpg

こんにちは。

先ほど今後の方針について書きましたが、

今度は旧ブログ時代に制作した車両たちについて書いていきたいと思います。


まずは急行津軽です!

S46頃の上り1号(401レ)、下り2号(404レ)です。

編成は上野方より

マニ37 2018
マニ36 2100
スロフ62 2425
オロネ10 2047
スハネ16 2134
スハネ16 2072
オハ46 2015
オハ47 2313
オハ46 2059
オハ46 2030
オハフ33 2586
(全車とも北オク)

です。

牽引は宇都宮機関区のEF58 102です。

EF58に関しては別記事で触れたいと思いますので、

今回は客車の方だけです。


この編成はKATOより発売されている「津軽」の編成をモデルに、

多少のアレンジを加えて制作しました。


DSC_0577_convert_20140402151632.jpg


では紹介していきます!


■マニ37 2018・マニ36 2100
DSC_0432_convert_20140402151353.jpg

一番上野方に連結されています。

国鉄荷物客車セットのマニ37、マニ36(丸屋根)を使用しています。

KATO製品の「津軽」のマニ36は平妻タイプですが、

個人的な好みで丸屋根を使用しました。

〈加工内容〉
・一部の窓を白塗り

〈塗装〉
・ベンチレーター→GM14/灰色9号

〈台車〉
・TR23


■スロフ62 2425・オロネ10 2047
DSC_0433_convert_20140402151419.jpg

座席グリーン車とA寝台の2等車コンビですね。笑

スロフはGMキットより切り繫いでいます。

〈加工内容〉
◇オロネ10
・一部窓の白塗り
・上段寝台窓の穴あけ

〈塗装〉 
◇スロフ62
・屋根→GM9/ねずみ1号
・車体→GM7/青15号
・帯→ガイアカラー/エナメルグリーン

〈台車〉
・TR50

上段寝台の窓の穴あけですが、

日本海セットのオロネ24の上段寝台窓が開けられていたので、

それに仕様を合わせてみました。笑

ピンバイスを使用しました。

CSC_0582_convert_20140402151209.jpg

効果は、、、←


■スハネ16 2134・スハネ16 2072
DSC_0434_convert_20140402151448.jpg

B寝台コンビですね。

窓の配分がお気に入りです。笑

〈加工内容〉
・一部窓の白塗り

〈塗装〉
・屋根→GM9/ねずみ1号、
・ベンチレーター→GM14/灰色9号
・クーラー→GM8/銀色

〈台車〉
・TR23


■オハ46 2015・オハ47 2313
DSC_0435_convert_20140402151515.jpg

ここからは一般型客車です。

ほとんど素組です。笑

〈加工内容〉
・一部窓の白塗り

〈塗装〉
・ベンチレーター→GM14/灰色9号
・屋根→Mr.カラースプレー35/明灰白色(2015)

〈台車〉
・TR23

屋根の色ですが、2313のみ濃灰にしました。

旧客時代の俯瞰写真を見ていると、

明灰屋根多めのなかに、少し濃灰という印象を受けたのと、

モデルのKATO製品がこのような塗り分けをしていたので、

屋根の色を変えてみました。


■オハ46 2059・オハ46 2030
DSC_0436_convert_20140402151603.jpg

一般型はあまり変わり映えがしないのですが、

2030をステンレスサッシ、磨り窓の車両にしました。

実車がそうだったかは知りませんがね。笑

〈加工内容〉
・一部窓の色塗り(2059)
・一部窓磨り窓化(2030)

〈塗装〉
・屋根→Mr.カラースプレー35/明灰白色
・ベンチレーター→GM14/灰色9号

〈台車〉
・TR23


■オハフ33 2586
CSC_0438_convert_20140402150944.jpg

横から見ると今までと変わりませんが、

妻板にはしごがあります。
DSC_0585_convert_20140402151727.jpg

こうやってみるとそれぞれがいい味を出していますね。笑

手前2番目が妻板にはしごを取り付けたオハフ33。

それから台車が40系列のTR23ではなく、TR47を履いています。

〈加工内容〉
・一部窓の白塗り
・妻板にAssyパーツのはしごを取り付け

〈塗装〉
・屋根→Mr.カラースプレー35/明灰白色
・ベンチレーター→GM14/灰色9号

〈台車〉
・TR47

※全車にサボのステッカーを貼付けていますが、

これは東北天国様よりいただきました。

この場を使ってお礼申し上げます。。。
DSC_0580_convert_20140402151700.jpg


いやぁ、ここまで長かった。。。笑

この津軽ですが、まだ僕が小学生の時にマイクロエースの雑誌で

客車津軽を見てからずっと組みたいと思っていました。

そしてこれが初のBトレフル編成であり、

初めてここまで手を入れ込んだ作品でした。

想い出の一品です。

自分なりに満足する作品として完成してくれたため、

運転会では毎回走ってもらっています。笑

CSC_0571_convert_20140402151116.jpg


次は何を紹介しようかなー。笑

書くのにけっこう時間はかかりますが、

読んでくださる人がわかりやすいように、

自分なりにまとめたつもりですー。

今後これを標準化しようと思います。


それではー。






プロフィール

ほつ太朗[家]

Author:ほつ太朗[家]
中央東線、ロクヨン、ゴハチ、名鉄、近鉄を中心に制作。
Bトレでどこまで実車に迫れるか格闘中(たぶん)
細かい作業は苦手です。
ゆるくやっていきますよ。

Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。