091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

category :中央東線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった2両の少数派!Tc182-0組み込み編成!183系長モトM14編成

DSCF5019_convert_20170113152445.jpg

みなさま、おはこんばんにちは。
ここ最近は都心でも雪がちらつく日があり、
一時期よりも春を遠く感じるような日が続きますね。
まだまだ引き続き体調には十分お気をつけてお過ごしくださいませませ。

さて、年明けの運転会にもっていった183系の記事を書く気がようやくおき、
ここで書かないとずっと書かない気がしたので一気に書こうと思います(笑)

どうも運転会が終わってから模型に手を付けられない日が続いております。
早くしないと春の運転会がきてしまうのに…(笑)


■183系あずさ色ってデラックス編成だけじゃないんだ!
DSCF5082_convert_20170210235341.jpg
183系あずさ色。今ではホリデー快速のイメージの強いこの車両ですが、
ひと昔前までは中央東線の特急用車両として活躍しておりました。
まだ私が子供の頃は、あずさといえば水色とピンクの車両でした…
9両編成の183系が駆け抜けていく姿を毎日見れていたなんて、
今思うとなんて贅沢だったんだろう…

さて、このあずさ色の始まりは1987年にまでさかのぼります。
1987年までは全車国鉄色での活躍でしたが、
同年より徐々にグレードアップが始まります。
(グレードアップの経緯などはここでは触れませんので、別途参照)
一代目あずさ色は白いボディに緑と赤のラインが入ったものでした。
この色は当時のデラックス編成8本に実施されました。
そのあと1992年からは水色とピンクの二代目あずさ色となって参ります。
この二代目あずさ色は一般編成にも普及し、
当時の松本運転所のあずさ編成全編成に実施されました。
またこの後に碓氷峠廃止に伴い、あさま編成が転属して参りますが、
こちらにも二代目あずさ色は実施されます。
あさま編成は号車札差しなどが撤去されており、シールでの表記とされていましたので、
これはこれで面白い差異があったものです。
この塗装はご存知の通りE257系に置き換えられる2002年まで続きましたが、
一部編成では懐かしい国鉄色に戻されておりました。

それにしてもあまりオール小窓の編成があるイメージがない、あずさ編成。
デラックス編成(大窓組み込み)と一般編成(デラックス編成以外)と区分され、
時代にもよりますが、運用もわかれておりました。
デラックス編成は主に「あずさ」が中心とされ、また夜行急行「アルプス」にも充当されていました。
反対に一般編成は、一般編成/デラックス編成共通運用とされ、
「あずさ」充当もありましたが、「かいじ」やライナーへの充当が主となっておりました。

そんなスポットライトの当てられることの少ない、一般編成の中でも
かなりの変わり者1997年頃のM14編成を今回は制作いたしました。


■珍車Tc182-0を組み込んだ編成M14編成
DSCF5083_convert_20170210235416.jpg

今回組んだM14編成、まずは編成をご紹介致します。

↑新宿
①クハ182-1
②モハ182-1047
③モハ183-1047
④モハ182-1041
⑤モハ183-1041
⑥サロ183-1104
⑦モハ182-1044
⑧モハ183-1044
⑨クハ183-1017
↓甲府・松本

この中でまず一番気になるのは1号車のクハ182-1ですよね。
さて…この車両は一体…

☆クハ182-1
DSCF5094_convert_20170210235955.jpg

この車両になりますが、まず一目見て私は「なんじゃこりゃ」と思いましたね(笑)
ステップから見るに485系列からの改造ということはわかりますが、
この小窓…

この車両はクハ182形0番台といいまして、たった2両のみ存在した車両です。
1985年の「あずさ」短編成化(12→9両編成)化、及び増発に伴い不足する偶数向き先頭車を
補うために車販準備室付きのサハ481形100番台を先頭改造した偶数向きの先頭車で、
1985年に長野工場で改造されました。
車種は「雷鳥」の短編成化により捻出したサハ481-110/111です。
2両とも新宿方に連結され、主に自由席車で活躍しておりましたが、
1999年までに両者共に廃車され、形式消滅してしまいました。

あまり注目されていなかったのでしょうか? 探せど探せどこの車両の写真が出てこず、
資料集めには割と苦労しました。笑

今回Bトレ化ということで、いかにこの車両の特徴を出せるかということで悩みました。
最初は普通に485初期と183を切り継ごうかと思ったのですが、どうも十分に窓間隔が取れません。
しかしなんとなくキオスぺのビバあいずを見ていたら、「お、これか!」ってなりましたね。
485系の先頭車の幕部分は中間車のそれよりも短くなっているんです。
これを生かさないわけにはいきませんよね。(笑)
切り継ぎ箇所は多くなりますが、幕部分は485先頭より、窓は485初期より、頭よりは183より、
となっております。
なお、窓部分を485初期よりとしておりますが、この小窓は片面にしかありません。
ここは致し方ないので、片面はうまく小窓を作りました。
案外遜色なく作れたかなと思っています。(笑)
DSCF5101_convert_20170211000237.jpg

前作の如く、ハッチ取り付けに伴いましてツライチとしております。
DSCF5099_convert_20170211000141.jpg

DSCF5100_convert_20170211000206.jpg
また、トイレ部分もこの車両の特徴がありまして、
普通であれば新宿寄りの先頭車のトイレと洗面台の位置はそのほかの車両とひっくり返るのですが、
この車両は全車がそろています。
つまり幕の下のトイレ小窓がすべて片側に統一されるのです。
Bトレでは前述の改造方法だと、本来ある側になく、ない側にあってしまうので、
今回トイレ窓については自作、または埋め加工をしております。

DSCF5096_convert_20170211000024.jpg
屋根のベンチレーターは他の485系列改造車のと同じような形となっております。
このベンチレーターの配置についてはBトレでの再現には多少の妥協が必要となりますが、
まぁまぁ納得いっております。
しかし、次回485系列の改造車を作る際には、配置がかわりそうです(笑)

DSCF5102_convert_20170211000313.jpg

ワイパーやステップの取り付けに関しましては、今回も実施しております。


☆クハ183-1017
DSCF5092_convert_20170210235836.jpg
こちらは183系のスタンダートな先頭車です。
ツライチ化以外大きな加工はないと思いきや、
この車両はハッチを改造しております。

実は使用している183系用ハッチですが、
183系初期車や、189系、485系列改造車のものは入っておりますが、
Nゲージでは製品に再現されている183系の一般タイプのものは入っておりません。
当然といえば当然なのですが…(笑)
Bトレではこの一般タイプのものもモールドされておらず、
どうにもこうにも作り出すしかありません。
今回はエッチングパーツの切り継ぎも実施し、
先頭車に貼り付けております。
少々出来は悪いのですがね。。。次頑張ります(笑)

なおこの車両は正面ジャンパ栓は運転台下のみとなっております。


☆サロ193-1104
DSCF5093_convert_20170210235900.jpg

特に何かと言われると、どうっていうこともないのですが。。。(笑)
地味に製品化されていない、小窓あずさ色サロだったりします。
非常口に関してはよくわからないのですが、
黒い跡の線のようなものが見えたので、今回はスミ入れで再現しました。


■クーラーとベンチレーターはすべて…
DSCF5098_convert_20170211000113.jpg

前作もモモずきん編成ではクーラーのみTOMIXのものに交換としておりましたが、
今回はベンチレーターも交換いたしました。
理由は屋根の加工のしやすさだったりします。
クーラーを裏打ちし、クーラー撤去後ベンチレーターをよけながら屋根を削るのは、
案外難しく、きれいに平にできませんでした。
今回はその反省を生かし、ベンチレーターも撤去し、
屋根上をまっさらな状態にしたあとに、豪快にやすり掛けをしました(笑)
かなり削りやすかったので、前回よりも少しだけきれいになった気がします(笑)


さて、如何だったでしょうか。
掘り下げると深い、あずさ一般編成でした。
一気に突っ走るように書いてしまったので、読みずらい点もあるかと思いますが、
なんとなく読み取っていただけると助かります(汗)

次回の183はどんなのにしようかな。
いろいろなバリエーションのある183系あずさ編成、まだまだ深いところに入って行ってしまいそうです。

それでは。


スポンサーサイト

河口湖まで直通運転!189系トタM50編成 モモずきんラッピング 「ホリデー快速 河口湖」

DSCF4868_convert_20161022001353.jpg

お久しぶりです。
1年半ぶりの更新となってしまいました。
更新が滞ってしまい、記事を楽しみにしてくださっていた方々には、
大変なご心配をおかけしました。申し訳ございません。

最後の更新をしたころは学生だった私も、今や社会人2年目。
会社勤めという環境変化から、少々慌ただしい1年が続き、
ブログの更新をしなくなってしまったのですが、
生活に十分な余裕がでてきたところで、
いつもお世話になっている模型の友人よりブログの再開を勧められたので再開することにしました。

twitterを見てくださっていた方々はご存知と思いますが、
特に模型から手を引いた…とかそういったことは一切なく、
元気に活動しております(笑)

この1年半でブログでは紹介していなかった車両たちの紹介を中心に、
のんびりと再開して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。。。


なお車両の紹介方につきましては、1年半前より少々簡略させていただきますことをご了承くださいませませ。
(でないと続かない←おい)

~閑話休題~

DSC_0572_convert_20161021233840.jpg

さて、記念すべきブログ再開の第一号記事は今年秋の新作…
189系 M50編成 モモずきんラッピングです!
それでは紹介していきますよ~。


■実車について
189系についてはみなさまご存知の通りのことだと思いますので、
中央東線と189系について少々触れさせていただきます。
189系が中央東線に投入されたのは丁度40年前の1976年10月になります。
当時「あずさ」として活躍していた名車181系を置き換えました。
しかしその後1885年、189系は「あさま」増発に伴い「あずさ」から撤退します。
その後中央特急へ戻ってくるのは在来特急「あさま」廃止の1997年です。
ここで長野総合車両所に残るモノ、松本運転所へ転属するモノがあり、
ここで先頭車の方向転換や、塗装の変更等々がありました。
そして2001年、E257系の投入により「あずさ」、「かいじ」から撤退、
幕張や、田町などへ波動用として転属していきました。

今回制作したM50編成も1997年までは「あさま」として活躍していた車両たちです。
・N101編成→M12編成(松本)(M189-44、M´188-44) 1998.9.30 あずさ色化 
・N103編成(M189-20、M´188-20) 1998.7.23 あずさ色化
・N106編成(Tc189-507、Tc189-14) 1998.10.30 あずさ色化
2002年に現在の組成となり、豊田車両センターへ転属し三鷹の165.169系を置き換えます。
その後中央線の臨時列車を中心に活躍してきました。
モモずきんラッピングは2008年春の山梨DCで初めて施され、一度ははがされましたが、
またすぐに装飾、2012年まで続きました。
初代モモずきんはモモずきんのほか、山梨の風景写真のラッピングもされていましたが、
後年にはモモずきんのみで統一されています。


制作の同期としましては、やはり僕の中でM50編成といえばこのモモずきんラッピングだからです。
このモモずきんラッピングのホリ快には何度もお世話になりましたからね。
ずっと作りたかったもののモモずきんをどうするかで悩んでいましたが、
twitterでフォローしていたちゃあー氏がモモずきんのインレタを作られていたので分けていただきました。
このブログという場で恐縮でございますが御礼申し上げます。

さて、モデルの紹介に入りましょう(前置きながすぎ)


■189系は発売されてるしこのまま素組で良いでしょう…ダメ?
DSCF4917_convert_20161021235423.jpg

189系を素組する、別に普通のことですよね。…ある一点を考えなければ。
CSC_0612_convert_20161021234635.jpg
みなさまお気づきでしょうか。お手元に未改造の183.189系をご準備ください。
正面左側がつるペタですよね。ここです、ここ。
実は実車の183・189系にはこの位置に大きなハッチがあります。Bトレでは分割線の関係からか省略されていますがね。
このハッチですが、183系、189系、485系からの改造先頭車で3パターンあり、
パーツは偉大なるトレジャータウン様より発売されていますので、こちらを使用します。
側面から顔にかけてのハッチですので、徐々に曲線に合わせて曲げて取り付けます。
そしてこのハッチ取り付けに伴い、先頭車はツライチにしました。
せっかくカッコいいものを取り付けるのに、分割線があるのでは…と思いましたので。
もちろん全車両が再塗装です。塗料はすべて調色によるものです。
完成後にスミ入れをしたときには鳥肌ものでしたね。



■屋根へのこだわり
CSC_0591_convert_20161021234503.jpg
183.189系の分散クーラーはAU13という型と、AU13Eという型があります。
よーく見るとわかるのですが、よろい戸のものとメッシュのものがあり、前者がAU13、後者がAU13Eです。
今回これを再現するため、Bトレの元のクーラーは撤去、すべてTOMIXのパーツへ交換しています。
AU13とAU13Eの搭載の比率は実車に基づいており、
両端と真ん中のクーラーを選んで載せております。

CSC_0595_convert_20161021234537.jpg
またM´に搭載されている集中クーラーにもAU71A、AU71Bの2種があり、
現在豊田に所属している6両の中ではM52編成のM´188-41のみがAU71Bで、他5両はすべてAU71Aとなっております。
Bトレではどちらを出ており、クーラー中心くらいにあるメッシュが長方形なのがAU71A、正方形のがAU71Bです。
しかしBトレは、片パンタ撤去屋根がAU71B、両パンタ屋根がAU71Aとなっており、
M50編成は片パンタ撤去なのでクーラーが違ってしまいます。
そのため今回は切り継ぎによって再現…しかし組み立ての際に割ってしまいました(涙)


■お顔にも少し工夫
CSC_0630_convert_20161021234728.jpg
写真正面より、左がTc189-507、右がTc189-14です。
一旦塗装をすべて落とすのだし、ということでライト関係はすべて裏から塗装しています。
リムはもちろん前からですよ(笑)
またHMも裏から貼り付けています。
側面のハッチは実車同様、前面にまで回り込んできて、少しだけ膨れています。
この写真ではわかりづらいのですが、前面下部のステップはパーツに交換し、より立体的にしてあります。

スカートは1両ずつ異なります。
Tc189-507は今では貴重なジャンパ連結器が左右とも残存しているタイプです。
反対にTc189-14では正面右側のみです。
ジャンパ連結器はモールドを削り、Assyパーツに交換しています。


DSCF4925_convert_20161021235339.jpg

ワイパーは国電の補助ワイパーを折り曲げて使用しました。
国鉄特急用とかでないかなぁ…

一応ホイッスルもAssyに交換してありますが、写真ではわかりづらいですね。


■モモずきんがいっぱい
CSC_0597_convert_20161021234608.jpg

今回の大きな目玉であるモモずきんのラッピングは前述の通りインレタで再現しております。
DSC_0584_convert_20161021234247.jpg
Tc車には正面と運転台下の3人(単位は人で良いのか?)います。
正面右側の大きなモモずきんが特徴です。

DSC_0586_convert_20161021234322.jpg
M´車は風林火山の幟を持っています。
実車のように転写したいところでしたが、Bトレでは少々キツメなので、少しばかり斜めにして押し込んでいるため、
幟のてっぺんが高くなってしまいました。

DSC_0587_convert_20161021234420.jpg
M車はフルーツバスケットを持ったモモずきんです。
このモモずきんが一番お気に入りです(笑)


以上、長々と解説してしまいました。
今回183・189系を作ってみて、どれだけヘビーかがわかりましたが、
もっともっとこの車両たちを増備していきたいです。
今回ボスをとばしてしまうなどのミスもありましたので、次回はもっと精度をあげたいですね。

これからもっと中央東線を盛り上げていきたいものです。

それでは。
DSC_0573_convert_20161021234145.jpg


プロフィール

ほつ太朗[家]

Author:ほつ太朗[家]
中央東線、ロクヨン、ゴハチ、名鉄、近鉄を中心に制作。
Bトレでどこまで実車に迫れるか格闘中(たぶん)
細かい作業は苦手です。
ゆるくやっていきますよ。

Bトレサークル、GRAND CHARIOT所属。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。